So-net無料ブログ作成

!!!大山峠はスズメバチにご注意!!! [有害鳥獣駆除]

8月25日大山峠から青影山に向かって、イノシシパトロールに向かいました。あちらこちらでイノシシがエサを探した痕跡があります。30㎏ぐらいの小型イノシシが近くにいるようです。10分ぐらい歩くと最初の東屋です。

大山峠地図.jpg

ベンチに腰掛けて、周りを眺めているとスズメバチが襲ってきました。オレンジ色の帽子に長い袖のジャンパー、遠近眼鏡とフル装備なので、すぐには刺されません。手で払って難を逃れましたが、リリーちゃんは全身真っ黒け、2匹のスズメバチに襲われていました。一匹がお尻を刺しましたが、口が届きません。手袋をした手で蜂を退治、敵を討ってやりました。

1-190825_130814.jpg

体を低くして、東屋から離れましたが、応援の蜂が出てきたので、青影山方面に退散しました。

1-190825_120559.jpg

大山の頂上付近で、リリーちゃんをリリース。ががちゃんもやってきましたが、刺されていないようです。

後ろに青い花が咲いていました。

1-190825_120611.jpg

絶滅危惧種に指定されている、山草の桔梗でしょう。万葉集で歌われている秋の七草のひとつです。


猟犬2頭で仲良くイノシシのスレを辿って捜索に行きました。山は風がほどよくあって快適です。

遠くで鳴き声がしたようなので、移動しました。

1-190825_122218.jpg

ここは、風呂山の頂上付近です。

ワンちゃん達は、イノシシを見失ったようです。小型なので足が速く振り切られたようです。

30分ほどたつと、リリーちゃんが「ががちゃんに、置いてきぼりにされたヨ~ゥ」と悲しい声で泣いています。12時過ぎて気温も上がってきたので、熱中症になる前に退散しましょう。

大きな声で「フォ~ォ、フォ~ォ」と呼び声を掛けると、10分ぐらいで帰ってきました。ががちゃんは呼び戻しに応じないので、おいて帰ります。

1-190825_130831.jpg

東屋の横をそっと通ると、見張りのスズメバチが警戒態勢をしていました。30センチ以上ある蜂の巣なので、防護服が無いと危険です。スズメバチ用の駆除スプレイは購入していますが、簡単には駆除できそうにありません。巣の中には沢山の蜂がいるようなので、登山の皆様は刺激しないようにご注意下さい。


ががちゃんは、5時過ぎにお迎えに行き、縦貫トンネルの因島中庄町側で確保しました。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント