So-net無料ブログ作成

狩猟登録 [狩猟]

去る9月25日狩猟者登録申請を行いました。

1-190925_174613.jpg

書類の書き方をホワイトボードに張り出して頂きました。

1-190925_174706.jpg

今日は9月25日とまで、丁寧に書いていただきました。それでも日頃、書類を書いたことが無い人は、あたふたとしていましたが、皆で助け合って、予定時間内に無事に申請が終了しました。

私は、わな種と第1種と両方申請しました。一般は51,160円の所、捕獲班は減免があり、39,200で済みました。

ありがたやアリガタヤ。


nice!(0)  コメント(2) 

狩猟フォーラムin尾道 [狩猟]

2019年10月13日日曜日、「狩猟フォーラムin尾道」が、13:00~16:00まで開催されます。

会場は、尾道市向島運動公園 体育館です。

2019狩猟フォーラムin尾道-1.jpg

たくさんのご参加をお待ちしています。

2019狩猟フォーラムin尾道-2.jpg

nice!(1)  コメント(2) 

狩猟者登録の案内 [狩猟]

秋の訪れを実感する、狩猟者登録の案内が届きました。とは言っても、感じるのはハンターだけでしょうね。

費用は、ワナと猟銃があるので、51,600円ですが、捕獲班に入っているので、39,200円に減免されます。

狩猟者登録.jpg

画像をクリックすると、見易い画像が開きます。

旧因島地区では、捕獲班が約40名で、頑張っています。中には一人でイノシシ150頭以上、カラス1,000羽以上を駆除する、強者もいます。

私は、カラスは10羽前後、イノシシは40頭~70頭前後ですが、今年はイノシシが少なくなったので40頭に届けばよいのですが、無理そうです。

nice!(1)  コメント(0) 

銃砲規則改正 [狩猟]

先日の講習会で、銃砲規則の一部改正があるとの書類を頂きました。

銃砲規則一部改正-1.jpg

情報提供はありがたいのですが、前回も聞いたような気がします。

平成27年3月の資料ですから、約4年前。講習会は3年に一度です。

高齢者が多いので、忘れてはいないかとの親心でしょう。

銃砲規則一部改正.jpg

写真の大きさが、ライカ版3.6×2.4から、3.0×2.4に変わったことと、重複する書類が省略されました。

初めて銃を所有する場合は、すべての書類が必要です。

医師の診断書はすべての場合必要ですが、精神科の医師以外に掛かりつけの医師の診断書でも良い事になりました。(以前は歯科医以外の医師であればよかったのです。)


nice!(0)  コメント(2) 

銃砲所持の講習会 [狩猟]

8月27日福山北警察署で、銃砲所持の講習会を受講してきました。

テキストがこちらです。以前は福山の中心に近い合同庁舎でしたが、今回は北の方でした。

1-CIMG1340.jpg

今回で4回目となりますが、同じような内容を受講するので、居眠りしないようにするには、かなりの忍耐力が必要です。

1-銃砲刀剣保持講習会.jpg

何はともあれ、これが無いと次の銃の更新が出来ません。75歳を過ぎると認知症の検査もあるそうです。

まあ、危険な銃器の許可ですから仕方ありませんネ。

nice!(0)  コメント(0) 

マウントベースを取り付けました。 [狩猟]

7月31日昨日福山に行った時、森近銃砲店に寄り、マウントベースを買ってきました。

1-190731_102202.jpg

ライフル銃にはすでに穴が開いています。

1-190731_102154.jpg

純正ではありませんが、さすが専門店ですね、ぴったりと付きました。

1-190731_102400.jpg

ネジには緩み止のロックタイトを付けておきました。今までついていたスコープが少し暗いので、ネットで落札した「3-10x40タクティカルライフルスコープ デュアルワット+照準器 ホログラフィックグリーン/レッ / レールマウント コンボエアガン銃武器視力ハンティング用品」なるものを取り付けてみました。

購入当時は9,000円ぐらいでしたが、今は18,000円もします。おもちゃのようなものですから、1万円以上出すような品物ではありません。

sl1000-600x600.jpg

取り付けると、こんな感じです。遠くのイノシシは4~10倍のスコープ、走っているイノシシはフォロスコープ風、近くはレーザービーム。

1-190731_110704.jpg

「う~ん、かっこいい。 だけど、ますます重くなった」今までの銃袋には入りませんね。


山でイノシシに使ってみましょう。


もう少し立つと、ツアイススコープ用のマウントが届くはずです。その時はおもちゃは、さっさと取り外します。


nice!(0)  コメント(0) 

射撃安全講習会 [狩猟]

7月21日甲山国際射撃場で、尾道地区の射撃安全講習会が開催されました。

1-CIMG0846.jpg

スキート14発、トラップ36発で、合計50発。

1-CIMG0863.jpg

薬きょうがゴロゴロしています。「カゴがあるのだから、ちゃんと入れなさい。」

お叱りはごもっともですが、自動銃は勝手に横に飛び出してしまうので、拾うのが大変で、競技の妨げになるので、薬きょうはそのままになってしまいます。

安全確認の射撃講習なので、当たるとか当たらないとかは関係ありません。とは言うものの、もっと当たってほしいです。

飛んでいるお皿を当てるためには20センチぐらい前を撃たなければならないのですが、イノシシ狩りをやっていると、ついついお皿をねらってしまいます。



nice!(0)  コメント(0) 

射撃練習 [狩猟]

3月3日甲山国際射撃場で瀬戸田猟友会と因島猟友会で、残弾処理を兼ねて射撃練習を行いました。

1-IMG_0626.jpg

最初に、注意事項の確認。

※弾を入れていなくても、絶対に銃口を人に向けない。

1-IMG_0625.jpg

お皿が中々割れません。

1-IMG_0627.jpg

小雨のせいです。


nice!(1)  コメント(2) 

イノシシの止めさし [狩猟]

2月22日青影峠のTさんから連絡があり、青影峠のT頭さんのくくり罠にイノシシが掛かっているので、早く処理してほしいと、連絡がありました。T頭さんは福山に行かないといけないので、止めさしをしてあげることになりました。ちょうどお店に来ていたT西さんにお手伝いをお願いして、現地に行ってみると80㎏はありそうな大きなイノシシでした。レーザーサイトを使って眉間に一発。見事命中です。

190222_100541-2.jpg

5ミリのワイヤーは、良い所をくくっていました。

190222_100523-2.jpg

二人で何とか運び、段差を利用して、車の中に滑り下ろしました。

190222_110446-2.jpg

重いはずです、85㎏以上でした。

190222_110457-2.jpg

痩せているように見えますが、結構脂がありました。腹抜き作業をしていると、I川さんから連絡があり、青影峠にイノシシが掛かっていると連絡がありました。「それは運びました」と言うと、「その横にもう1頭いて、横になっている」とのことで、大急ぎで向かうと、ナイフで止めさししてくれていました。野犬に後ろ足を少しかじられて、息絶える寸前でした。こちらもそこそこ重く、やっと車に乗せました。

190222_120051-2.jpg

こちらも70㎏の大型イノシシでした。

190222_120059-2.jpg

こちらのくくり罠は爪先2本をくくっています。樹に絡みつかなかったら、逃げていたでしょう。

190222_120358-2.jpg

危なかった!

大型を2頭も処理すると疲れてしまいました。




nice!(0)  コメント(1) 

イノシシパトロール [狩猟]

2月10日レイ君のお墓参りを兼ねて、チョコッと猪探索に向かいました。

椋の浦峠から、一気に奥山を目指します。

190210_092648-2.jpg

短時間の狩猟の装束は、猟友会の防止とチョッキ。首には色のついたタオル(白いタオルは鹿のお尻と間違えられる)。

外反母趾なので、二股のスパイク付き地下足袋。古野のGPS。ベルトには血抜きのナイフ・岡常の剪定鋏とノコ。お水2リットル。飴少々と200カロリーの非常食。猪を引き出すロープ。当然、銃の所持許可証と狩猟免許。ガラ携。蛍光色のオレンジ色ジャンパー。

190210_092627-2.jpg

190210_101919-2.jpg

400m横の奥山の中腹で、ががちゃんがイノシシ発見。5分ぐらいで大山峠方向に走られました。小型の猪ですね。残念。

190210_105104-2.jpg

頂上で一休み。をと思っていたら、リリーちゃんが100m下でイノシシ発見。慌てて下山していたら足がもつれて登山道で転びそうになりましたが、体制を立て直して、セーフ。油断大敵です。銃に弾を入れていなくて正解でした。その後イノシシに走られて、逃げられてしまいました。

190210_105127-2.jpg

昼が近いので、下山していると、GPSぎりぎりの600m北側でリリーちゃんが再度イノシシ発見。あっという間にGPS圏外に…。古野さん、もう少し範囲を広げてください。お願いします。

下山して、待つこと30分。リリーちゃん、回収。ががちゃんはお昼に回収に来ましょう。



nice!(0)  コメント(0)